月別アーカイブ: 2017年2月

陥没乳頭を治す手術はバスク語を習得したときのご褒美に受けることにした

世界でも最も難解な言語のひとつとして知られているのがバスク語です。
スペインとフランスの国境付近に住んでいるバスク人が使っている言語です。
もちろん習得も難解な言語なので、長い間勉強をしていますがなかなか習得には程遠いです。
陥没乳頭を治す手術があると知ったのも最近のことでした。
以前から気になっていたので、なんとか治せないかと情報収集はしていたのですが
やはり手術するのがベストだそうです。
そこで考えたのがバスク語を無事習得できたときには、
ご褒美に陥没乳頭を治す手術を受けるというアイディアでした。
これならモチベーションも上がりますし、難しい言語を身につけることができて、
かつ陥没乳頭も治すことができます。

施工図は図面屋がバスク語を習得するための建物のものだった

職業にも様々な職業がありますが、建築学を学んだ人の中には
施工図を作成する仕事に携わっている人も少なくありません。
いわゆる図面屋といわれる人です。
人によって作成される施工図は変わってきますが、中には興味深い施工図をつくる人も珍しくありません。
例えばバスク語を習得するための建物の場合です。
この建物は、中に入るとたくさんのバスク語が描かれています。
中に入ると学習できるシステムになっており、5、6回その建物に入室することで
自動的に言葉を習得することができるすばらしい建物です。
もちろん、だれもがこのような建物を設計することができるわけではありません。
中には素晴らしい能力を持った人がいて、複雑な計算に基づいて施工していきます。