POSレジ」タグアーカイブ

POSレジのメーカーが説明書にバスク語での記述も追加?

POSレジのメーカーが説明書にバスク語での記述も追加するような事も考えているようです。
メーカーとしてはより多くの人に使用してもらうという事を考える必要がありますから、これは当然のことと言えるかもしれません。
今では日本国内だけを市場にするというような事を考える事はまずなくて海外も当然視野に入れるということになりますから、様々な言語でマニュアルを作成するという事はそれだけ多くの市場に入る事が出来るという事にもなります。

海外市場も視野に入れている

POSレジのメーカーは今では海外市場を視野に入れるという事は当たり前の常識でもあります。
当然英語でマニュアルを作成することは必須として、英語以外でも出来るだけ多くの言語を検討する必要性が出てきています。
その中にはバスク語での記述もあれば当然それだけ多くのユーザーを獲得することが出来ることになりますから、こうした事は必ず市場拡大を考えるのであれば必須という事にもなるでしょう。
製品は何処でも使う事が出来るように設計して作られているわけですから、マニュアルが無いというだけのことでユーザーを無くしてしまうという事はもったいない以前にビジネスを考えるのであれば、まず最初に考えなければならない事です。
マニュアルがなければまずどこの国でも販売をする事は出来ませんから、まずはこうした物を作成して販売ルートを広げていくという事が重要になっていきます。
これからはテキストのマニュアルだけではなく動画でのマニュアルも検討する必要があるでしょう。

サポートが多いのはいいこと

基本的にサポート体制が多いという事は良いことで、それだけで多くの顧客を獲得することが出来るということになります。
逆にサポート体制が無いという事はお客さんを逃してしまっているという事になるでしょう。
マニュアルは顧客サポートの第一歩という事が言えるはずですから、まずはこれからサポート体制を充実させていくという事を考えていく必要があります。
製品を使用していてまず見るのがマニュアルという事になるでしょう。
特にPOSレジのような用途の広いツールを使用するとなると、様々なマニュアルが必須になると考えなければなりません。
そのような時に電話対応などの事をしていたのでは、人手がいくらあっても足りませんし、コストがかかりすぎて商売にはなりません。
適切なマニュアル作成というのはコスト削減を考えたうえでも必須という事にもなるわけです。
POSレジのように頻繁に多目的に使うものとなれば、マニュアルの充実は必須という事にもなるはずです。