ウユニ塩湖に行く前にバスク語の習得度合テストを受けてみる

世界一難しく習得は困難といわれるバスク語を学び始めましたが、
今度旅行でボリビアのウユニ塩湖へ行くことになりました。
ウユニ塩湖のあるボリビアの公用語はスペイン語。
ちなみにバスク地方はスペインの自治州ですが、
スペイン語も通じるといわれています。
しかし、スペイン語とは似ても似つかない言語がバスク語です。
ウユニ塩湖に行っている間はスペイン語と英語の使用が主だと思うので、
バスク語を忘れないようにと旅行前に習得度合テストを受けてみることにしました。
先生によると、日常会話は問題ないとのことでした。
英語やスペイン語といった他の言語とごちゃまぜにならないよう気を付けて、
忘れないようにして旅行を楽しもうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です