レンタルオフィスで個室を選ぶ際にバスク語の習得具合について尋ねられた

世界一難しいと言われるバスク語の習得をめざし、日々勉強しています。
もともとマイナー言語であり、書店で売られているような市販の語学テキストだけでは
限界がありますので、バスク語を専門とする大学の先生に師事し、
週に何度かレンタルオフィスに来てもらっています。
会社勤めではなく、完全なるフリーランスで働いていますので、
レンタルオフィスを借り、普段の仕事場兼教室として使っている感じです。
レンタルオフィスで個室を選ぶ際に、先生からバスク語の習得具合について尋ねられました。
日常会話程度ならなんとか話せるようになりましたが、
やはりまだまだ難しいと答えました。
日々単語を覚えたり、音声を聞くなど語学上達と習得に努めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です