看板を横浜で作成した後、世界一難関なバスク語習得を目指した

看板を横浜で作成したのですが、出来上がったときには非常に達成感がありました。
横浜の街に馴染む良い看板ができたという気持ちがあったので、
いい仕事ができたなという感想を抱いたのです。
このような達成感というのは生きていく上で非常に重要なものであり、
一つのことを成し遂げるとまた別の何かを成し遂げたいと思うようになってきました。
そこで思いついたのが、世界一難関と言われるバスク語の習得をしてみたいということだったのです。
どうせやるのであれば難しいものに挑戦をしたいものですし、
難しいものに挑戦をして成功したときの達成感というのは
看板が出来上がったとき以上の大きさがあると感じたため、
バスク語の習得を目指すことにしたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です