陥没乳頭を治す手術はバスク語を習得したときのご褒美に受けることにした

世界でも最も難解な言語のひとつとして知られているのがバスク語です。
スペインとフランスの国境付近に住んでいるバスク人が使っている言語です。
もちろん習得も難解な言語なので、長い間勉強をしていますがなかなか習得には程遠いです。
陥没乳頭を治す手術があると知ったのも最近のことでした。
以前から気になっていたので、なんとか治せないかと情報収集はしていたのですが
やはり手術するのがベストだそうです。
そこで考えたのがバスク語を無事習得できたときには、
ご褒美に陥没乳頭を治す手術を受けるというアイディアでした。
これならモチベーションも上がりますし、難しい言語を身につけることができて、
かつ陥没乳頭も治すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です