autocad互換はバスク語を習得する時間を作ってくれた

CADソフトを使った設計などの仕事をしているのですが、
近頃はautocad互換の高いソフトウェアもあるおかげで、
他人のデータを共有しやすくなって仕事の効率が上がっているのを感じます。
仕事が手早く終わるようになってきたので最近はバスク語の習得をしようと
空いた時間を有効活用しています。
バスク語はスペイン、フランス間の一部地域で使われている言語で、
世界でも特に難しい言語としても有名です。
もちろんそれだけ難しいと習得にも時間がかかります。
しかしautocad互換のあるCADソフトが活用されるようになったので、
個人的に割り振れる時間が増えたのはたいへんありがたいことです。
まだまだ学習の途中ではありますがこれからも勉強を続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です